患者さんとお話ししながら治療していくように心がけております

【花粉温度計とは】

スギ花粉の飛散開始日を予測する目安です。
1月1日から毎日の最高気温を足して求めます。

この数値が400℃になるとスギ花粉が本格的飛散を開始する時期の目安となります。
(東北地方では300℃)

スギ花粉症に対して、初期治療を開始する際には、
この花粉温度計の数値が350℃を過ぎた頃から
対策開始(服薬など)を始めるとよいでしょう。

ただし、1月中も微量ながらスギ花粉が飛散していますので、
鼻や眼の症状を感じた場合には
花粉温度計の数値に関わらず治療を開始してください。

花粉症温度計が750℃付近が、スギ花粉飛散時期のピークとなります。
福岡ではおよそ2月下旬から3月上旬に当たります。
花粉飛散予想やその日の天候を参考に花粉対策を実施されてください。